ホームページ作りにおいて大切な事とは?

利用者の気持ちになって考える

ホームページを作るときに大切なのは利用者の気持ちになって作ることです。自分が作るので自分が好きなようにしたいと考える人は多いのですが、見る人に好まれないホームページになるよりは好かれる方がいいでしょう。 初心者が気をつけた方がいいことの一つに、シンプルに作るということがあります。 音楽を鳴らしたり文字を動かしたりするのがいいと感じる人もいて、派手なサイトになっている人が珍しくありません。 利用者にとっては見づらいサイトは敬遠される傾向があるため、できるだけシンプルに作るといいでしょう。 シンプルに作ることでサイト管理も楽になるので、自分にとっても優しいサイトになります。 目や耳に優しいサイト作りを心がけるといいでしょう。

より多くの人に見てもらえるように

より多くの人にサイトを見てもらえるためにも、できるだけ多くのブラウザに対応しているサイトにした方がいいでしょう。 サイトの中には特定のブラウザでしか見ることができないものもあります。 別のブラウザを立ち上げるよりも見るのを諦める人が多いため、特定のブラウザでしか見れないサイトにしないようにしましょう。 また、視覚障害者もサイトを読むツールを使って見にくることがあるので、視覚障害者などが読みやすいサイト作りを心がけるようにします。 画像などが表示されないときのためにも画像の説明文を入れておくと、より利用者に優しいサイトになります。 一人でも多くの人に見てもらえるためにも、複数のブラウザで仕上がりを確認するようにしましょう。